単身引越し 格安を検証!

MENU

本気で単身引越しをするための引越業者選びとは!?

単身引越しパック

 

 

単身引越しを格安で始めることはとても大切なのですが、
それと同じくらい自分の引越し都合を優先して始めることも大切です。

 

まず自分の引越しスタイルを考えながら、
引越し準備を始めることができるように作ってみました。

 

それと同時に、引越し費用を安くできることにも力を入れてみました。

 

自分の引越し都合と、
引越し費用の安さを実現するわけです。

 

よく考えてみると相反する内容なのですが、
一括引越し業者見積もりのサービスがあるからこそどちらも実現することができます。

 

自分の引越しをもっと快適に、
自分の引越しをもっと格安くすることがこのサイトの目的なのです。

 

このサイトでは、とても有効になるサービスの、
一括引越し業者見積もりを使うことから初めてみました。

 

初めは、ちょっと抵抗があるのかもしれませんが、
体験してみると、無くてはならない一括引越し業者見積もりのように感じました。

 

 

自分に合う引越しスタイルから始める!

 


あなたは何派!?自分の好きなところからやってみるのがコツだよ

ともかく費用を格安派VS費用より内容重視派

ともかく費用を格安はコチラ
費用より内容重視はコチラ

荷物が多い派VS荷物が少ない派

荷物が多いはコチラ
<荷物が少ないはコチラ

近距離引越し派VS遠距離引越し派

近距離引越しはコチラ
遠距離引越しはコチラ

交渉をするのが苦手派VS交渉が大得意派

交渉するのが苦手はコチラ
交渉が大得意はコチラ

お任せ引越し業者派VS自分力が自慢のレンタカー派

お任せ引越し業者はコチラ
自分力が自慢のレンタカーはコチラ
なんだかんだ言っても引越しを安くしないならば、
一括引越し業者見積もりを試すことが一番です。

 

どうしてこの方法かと言いますと、
一括引越し業者見積もりを試すことで、
複数の引越し業者の見積もりを取ることができるからです。

 

また、単身引越しですと、引越し規模が小さいことから、
引越し業者に見積もりを取ることに抵抗を感じる方もいるのではないでしょうか。

 

正直、管理人シバも初めての単身引越しのときはそう思いました。

 

その結果、引越し業者の依頼するのではなく、
自分ひとりで行うレンタカー引越しを選びました。

 

ところが、そう考えることが違うことに気が付いたのです。

 

単身引越し、小さい規模の引越し
だからこそ一括引越し業者見積もりなのです。

 

確かに、1社の引越し業者に小さい規模の引越しを依頼したら、
間違いなく足元を見られて高い引越し料金を請求されていたと思います。

 

一括引越し業者見積もりは、
複数の引越し業者に見積もりをすることで、
どんなに小さい引越しでも競合することで安くなるわけです。

 

一括引越し業者見積もりの詳しくはこちら

一括引越し見積もりはこちら

引っ越し 単身パック

 

単身引越しを格安にする5ポイントとは!?

自分の引越しにピッタリのプランを検討する

単身引越しの基礎を学ぶ

必ず引越し業者見積もりで複数に見積もり依頼する

自分の引越しこだわりを考えて業者を選ぶ

引越し業者を3社くらいに絞り値引き交渉をする

 

単身引越しパック単身引越し格安引越し 単身パック

 

引越し業者のプラン、サービス、割引

アリさん引越社 サカイ引越センター 日通の単身引越 アーク引越センター アート引越センター
引越しプラン 「超ミニ引越しプラン」「特ミニ引越しプラン」「ミニ引越しプラン」 「単身者専用の見積もり」 「単身パック+単身長距離」として「単身パックS」「単身パックL」「単身パック×2tコンテナ」と距離が近い「ワンルームパック+単身近距離」として「ワンルームパック」「ワンルームパックPlus」 「ミニ引越し」「長距離ミニ引越し」 「単身引越パック」
引越し サービス ダンボール最大20枚・布団袋2枚・ガムテープ2本・ベッドマットカバーをプレゼント! 衣類をハンガーに掛けたまま運送できるハンガーボックスも無料。作業終了後に10分間の無料サービス トラック1.5トン以上でダンボール10箱、3トン以上で30箱まで無料プレゼント

ハンバーケース5箱まで無料リース。

「ワンルームパック」ではダンボール箱10枚、ふとん袋1枚、テープ1本。また、ハンガーボックス2枚を無料でレンタル。 ダンボール最大50枚無料。ハンガーボックス最大4個まで無料。ダンボール無料引取りサービス。 エコ楽ボックスの無料貸し出しあり。不要のダンボールの無料回収サービスあり。
引越し 割引 お得 引越しをする友達を紹介で友だちの引越し料金を一部割引。紹介者には自分の料金を5%割引。さらに商品プレゼント。インターネットの見積もりで引越し実費から10%割引。 訪問見積もりで「ひとめぼれ」をプレゼント。 「単身パックS」(123u)「単身パックL」(188u)はインタネット2.100円割引。2BOX以上複数基1.050円割引。引越費用でマイル・ポイントも貯まる。 毎月1日〜20日まで特別割引あり。(土日祝、大安、繁忙期を除く) インターネットで見積もり割引あり。
引越業者見積もり評価

 

クロネコヤマト引越センター ハトのマークの引越センター ダック引越センター レンタカー 赤帽便の単身引越し
引越しプラン 「単身引越ジャストサービス」 「小鳩パック」「小鳩プチトラパック」「小鳩スカイパック」 「シングルプラン」「ひっこし定額パック」 車種と時間で料金が違う 作業員1名、荷物は積める限り。
引越し サービス 各種無料エコ資材(ダンボール)使用後に無料で回収 リユース資材による回収を含めたボックスの提供あり。 - 台車、幌の用意がないことがあるので事前の確認が必要。 -
引越し 割引 WEB割引:2100円割引 平日割引:2100円割引 

早期申込割引:1050円割引 複数BOX割引:1050円割引など各割引

抽選で賞品プレゼントあり。 - メンバー割引、ネット割引、ポイントサービスなどがあり。 距離、時間が長くなるとそれに伴って料金が安くなる。
引越業者見積もり評価

 

単身引越安さランキングは業者見積もりの結果です

引っ越し単身パック

僕の単身引越しでは、
距離は近かったのですが荷物がやや多めでしたので見積もり料金が通常より少し高い結果となりました。

 

引越し予定日は繁忙期人気の午前便でした。

 

引越しの内容は2tトラック1台と作業員2名でした。

 

事前に引越し荷物リストを作り、
早くから不用品処分などに時間をかけましたのでこれでも初期よりはかなり荷物が減っています。

 

引越業者を探すためにインターネットを利用した
安くするための一括引越業者見積り」からおこないました。

 

最初の見積もりは、
5引越業者くらいあったのですが、
料金、サービスを考えながら3社に絞り訪問見積もりで業者を決めました。

 

決めた引越業者は「アリ引越し」となりました。

 

荷物が多いこともあり、
引越業者一本でしたので意外と早いうちから順調に計画通りの引越しができましたと思っています。

 

また訪問見積もりの営業とも話したのですが、
引越し繁忙期をもう少しずらすとか夕方便にしたらもう少し料金が安くなると言われました。

 

ですが仕事のこと多めの荷物の不安もありましたので料金が高い時間帯に単身引越しを強行してしまいました。

 

確かに少しでも安い引越し料金は魅力です。

 

ですが、自分の都合もありますので、
引越しでは「自分の都合」「料金の安さ」の2点を考えながら比較検討をすることをお勧めします。

 

引越しを経験した人の94%以上が成功と言う一括見積もりとは?

 

単身引越し 一番安い

 

安い引越し業者を選ぶとは

安い単身引越しを考えるうえで困ったのは
1番安く都合の良い業者を選ぶ」ことでした。

 

単身引越しで自分の都合という意味では、
荷物の量、引越しする距離、引越しの時間、曜日、女性単身の引越し、
またペット引越しなどと人によって違いがあるからです。

 

引越し料金を少しでも安くするために自分の都合は後回しとは考えたくありませんでした。

 

業者を検証するのでも料金と同時に引越業者のサービスなども慎重にチェックしました。

 

ある程度こっちの都合も聞いてもらって料金が安いです。

 

最初5引越業者あった候補を3引越業者に絞り、
さらに1社に決めるのはそんなに簡単ではありませんでした。

 

荷物が追加したときの料金、ダンボール、紙テープの料金、そして時間通りに引越しを終了させてもらって、
余分には料金が発生しないなどです。

 

引越しを経験した人の94%以上が成功と言う一括見積もりとは?


単身引越し格安単身引越し格安単身引越し格安

 

単身引越し体験者からアンケートをとった結果

単身引越しの方が選ぶ格安引越し方法では
「1位/引越業者:80%」
「2位/レンタカー:12%」
「3位/赤帽便:6%」
「4位/友人にお願いする:2%」の順番の結果となりました。

 

僕が予想していた単身引越しを安くする方法では,
レンタカーを選ぶのではないかと思っていたのですが、
最近では荷物の少ない単身の方でも
多少しか引越し料金が変わらないなら楽な引越業者の方法を選ぶ傾向にあるようです。

 

また引越業者に単身引越しをお願いする理由としては、
「1位/単純に引越し荷物を自分が運びたくない」
「2位/仕事が忙しい」、もしくは「プライベートが忙しくて引越しに割ける時間がない」
「3位/引越業者の提供する単身引越しプランが思ったより安かったから」
「4位/引越しの準備や段取りをしたくない」
「5位/引越し作業では友人、業者などに気を遣いたくない」の結果となりました。

 

特に、3位の「引越業者が提供している単身プランの安さ」
考えている方が以外に多いのには驚きでした。

 

今までですと、
「単身引越し=レンタカー=ともかく安ければよい」が当たり前でしたが、
これからは無料一括見積もりで単身引越費用を比較検討してみることも必要ではないでしょうか。

 

単身引越し格安

 

単身引越し格安

 

引越し最安で自分に合う引越し業者を選ぶのはコチラ<<

 

単身引越しを絶対に格安にするまとめ!
1、単身引越しを格安にするために荷物を減らす!

不用な荷物を少しでも減らしすことは安い単身引越しをするための基本。

 

2、自分の都合に合う単身引越しの方法を検証する!

レンタカー、引越業者など自分に合う単身引越しの方法を早くから決めておく。

 

3、どの単身引越し方法を検証するのでも「一括引越業者見積もり」を利用する。

 

「一括引越業者見積もり」での検証によって幅の広い引越しができるためどの方法に決めても引越業者見積もりを取ってみる。

 

4、引越業者の中から3つくらいの業者に絞る。

自分の都合、そして引越し料金の2点から引越業者を絞る。

 

5、引越業者と引越し料金の交渉をする。

できれば訪問見積もりで交渉をするために3社くらいの引越業者に絞ってみる。