単身の引越しでペットがいるケースについて

MENU

単身の引越しでペットがいるケースについて

 

 

今ではペットを飼っている人は大変多く存在していますので、家庭内で何らかのペットを見る事は珍しい事では無くなりました。

 

特に単身者は一人で生活しているためペットを飼う事で精神的なストレスを軽減している人も多くいますから、大変人気がある存在であると言えます。

 

引越し業者ではペットを荷物と同じ様に新居に運んで欲しいと希望する人が多くなってきましたので、業者側はペットも同時に運ぶ事が出来るサービスを始めた所も増えてきていると言われています。

 

基本的に引越し業者はペットを新居へ運ぶというサービスは行っていないのですが、近年では動物も一緒に運ぶ事が出来る様なサービスを始めた所も増えてきています。

 

単身者が犬や猫といった動物を飼っている場合でも対処する事が出来る様なサービスを受ける事で、特に問題なく新居の方に動物を送る事が出来る様になります。

 

以前は犬や猫等は自力で引越し先に持っていく必要があったのですが、最近ではこうしたサービスを行っている業者も増える様になってきています。

 

もしも荷物と同時に飼育している動物も一緒に運んで欲しいのであれば、そういったサポートを行ってくれる業者を選ぶ様にしていきましょう。

 

全ての業者はこういったサポートを行ってくれる訳ではありませんので、業者を選ぶのであればまずはその業者をしっかりと調べる様にしましょう。

 

やはり家族の一員である犬や猫はすぐにでも新居に連れて行く方が良いと言えますから、こうしたサポートは受ける様にしていきたい所です。

 

この様な引越し業者を探すのは複数の業者を一括で見積もりをとることができる一括無料引越業者見積もりを使うと便利です。

 

動植物の引越しに関する「引越運送約款」というものがあります。

 

これは動植物を含めた配送をいたしかねますという国土交通省告示468号の表示なのですが、このようなことも頭にいれておくと意味の無いトラブルを防ぐことになります。

 

標準引越運送約款」(平成13年4月5日)(国土交通省告示468号)
第4条第2項各号及び当社規定により、下記に掲げるものの配送はいたしかねます。
また、事前の申告がなくお荷物に混入されていた場合の損害賠償の責任は負いかねます。

 

と言うものです。詳しい詳細は下記を読むとわかるのですが、特に、ちょっと人より違う引越しをする方は、こんなことも頭にいれておくとよいと思います。

 

1、現金、有価証券、宝石貴金属、預金通帳、キャッシュカード、印鑑等、携帯可能な貴重品や重要書類

 

2、火薬類その他危険品(燃料、花火、オイル、マッチ、ガスなど)、不潔な物品等他の荷物に損害を及ぼす恐れのあるもの

 

3、動植物、美術品、骨董品

 

4.ノートブックパソコン、及びデータ記憶媒体

 

5、壊れやすいもの(パソコンなどの電子機器、ガラス細工、大理石等の石製品、手工芸品等)において、運送に耐えうる適切な梱包がなされていないもの

 

6、食品など変質もしくは腐敗しやすいもの

 

引越しを経験した人の94%以上が成功と言う一括見積もりとは?

単身の引越しでペットがいるケースについて関連ページ

事情があって荷物を一時保管してもらう事はできる?
事情があって荷物を一時保管してもらう事はできる?
急な単身の引越しでタンスの衣類などもそのまま運んでもらえる?
急な単身の引越しでタンスの衣類などもそのまま運んでもらえる?
単身の引越しは海外にも対応している?
単身の引越しは海外にも対応している?
引越し後にでたゴミ等は回収してもらえる?
引越し後にでたゴミ等は回収してもらえる?
行政機関に届け出が必要な手続きについて
行政機関に届け出が必要な手続きについて
民間企業への変更届が必要なものは?
民間企業への変更届が必要なものは?
現在の契約を終了・移転の手続きが必要なもの
現在の契約を終了・移転の手続きが必要なもの
郵便物の転送届け等その他必要な手続きについて
郵便物の転送届け等その他必要な手続きについて