引越し 赤帽 料金から格安単身引越しを考える。

 

引越し 赤帽 料金


 

引越し 赤帽 料金を検証

 

引越し 赤帽 料金

 

単身引越しでの格安では、レンタカーや赤帽便の引越し方法を考える方が多いのではないでしょうか。

 

僕も引越業者の単身パックの良さを知る前は、単身引越しと言いますとレンタカーや赤帽便の方法しか考えることができませんでした。

 

確かに、引越しの料金だけを比べると安いのですが、単身引越しと言いましても人によって事情がかなり異なることもあります。

 

まず自分の荷物の量を検証して赤帽便に自分の荷物が最適なのかをチェックしましょう。

 

 

<管理人の評価>★★

 

引越し 赤帽 料金にお願いする単身引越しの荷物

 

同一区内・同一市内の5km以内で、テレビ×1(21.5インチ)、本棚×1(150×100)、冷蔵庫×1(3ドア)、電子レンジ×1、掃除機×1、カラーボックス×6、中テーブル×1(150×80)、ダブルベット×1、照明×1、ダンボール×10くらい、大型スーツケース×1、洗濯機×1(縦タイプ)

 

引越し 赤帽 料金で僕の単身引越しを検証してみました。

 

僕の単身引越しでは長年の荷物が積み重なり、普通よりかなり多めの荷物の量でした。

 

このとき他の引越業者で荷物の量を検証したのですが、僕の荷物の量は2tトラックでも満載だと言われていました。

 

そうしますと、赤帽便トラックの基本積載量は赤帽便の荷台サイズ:奥行き194p×幅141p×高さ140p〜200cm最大積載量350kgでは一体何往復しなければならないのでしょうか。
積載量だけで計算しますと、およそ6回となるのですが、実際ではもっと往復しなければならないと思います。

 

なぜなら赤帽便のトラックの荷台には幅、高さ、奥行き方向にサイズ制限があるからです。

 

ですので、大きな2tトラックを使えば一回で運べる荷物でも数回、もしくは運べないものもでてくることもあるのではないでしょうか。

 

つまり、単身引越しの料金を考えて赤帽便を使う方が多いと思うのですが、赤帽便を使う前には自分の荷物の量とサイズを検証しておくことが大切となります。

 

また、僕が調べた一般的な赤帽便引越しの料金では、時間制料金と距離制料金での引越し料金として2つを基本で計算していました。

 

時間制料金

=2時間基礎料金/11560円、3時間3160円増しで/14720円、4時間3160円増しで/17880円と8時間までは3160円の加算。(9時間を越える場合は1時間ごとに2940円を加算)

距離制料金

=〜30km基礎料金/10500円、31〜40km2100円増しで/12600円、41〜50キロメートル2100円増しで/14700円、50kmを超える場合は100キロメートルまでは10キロメートルごとに1680円を加算。

 

つまり、2時間(30Km)以上(1台、1名)以内が基本で11560円〜だそうです。「〜」としましたのは引越しの時間、距離の増加で引越し料金が加算されていきます。さらに、平日と祝休日とでは料金が違います。

 

別途ですが、高速代金、駐車料金、階段1F毎につき1000円加算、必要に応じて養生 エレベーター1基につき3150円、フロアー・壁などの養生 10m以内 3150円、20m以内 6300円、21m以上 10500円 などの加算もあります。

 

もっと詳しい引越し料金を検証する場合は、実際に自分の引越し荷物の量をしっかりと赤帽便の見積もりフォームに書き込んで取ってください。

 

また、気になる引越し 赤帽のサービスは、ドライバーが基本的に荷物の積み込みと、積み下ろしをやってくれるのですが、なにぶん一人の作業員でしかも赤帽のドライバーは年配の方が多いですのでどこまで戦力になるのかは疑問です。

 

どうしても、もう一人増やして2名での引越しを希望するのであれば助手料金としての加算金が必要となります。

 

引越し先への同乗は助手席が空席でしたら1名のみOKだそうです。他にはダンボール、紙テープなどの引越し資材は自分で用意するか有料でも販売をしているそうです。(ダンボール 小/189円税込、ダンボール 大/231円税込)

 

赤帽便は幌付きの軽トラック、アルミトップの場合もありますが基本的には雨などの対応ができています。ですが、レンタカープランの850sトラックよりさらに少ない荷物の量しか積むことができませんので注意が必要です。(赤帽便の荷台サイズ:奥行き194p×幅141p×高さ140p〜200cm最大積載量350kg)

●赤帽便で運ぶことができないもの

 

・貴重品=引越しできないもの
(現金、有価証券、貯金通帳、キャッシュカード、宝石貴金属、印鑑など)
・骨董品、美術品(※希少価値が高く、壊れやすいモノ)
・危険物、腐食物(火薬、花火、腐る可能性があるもの)

 

私の評価では星の数は★★

 

赤帽便は時間、距離の増加で料金が加算するシステムです。単身引越しでも格安で使いやすいのですが積載量が350kgのトラックがメインですので自分の運ぶものの量をしっかりと検証してから引越しをお願いしましょう。

 

単身引越しの荷物の量が微妙に多いのでしたらいくつかの引越し方法を事前に検証しておきましょう。

 

最近では、引越業者の単身パックも選ぶことができるようになりました。これは引越業者が単身者のために格安で行っているものです。自分の荷物の量によっては引越業者の単身パックの方が向いていることもあります。

 

引越しを経験した人の94%以上が成功と言う一括見積もりとは?

 

トップへ戻る