実際に単身引越し見積もりを試してみました。

MENU

引越し業者のシステムの違いを考える

 

 

格安単身引越し

 

同一区内・同一市内の5km以内で、テレビ×1(21.5インチ)、本棚×1(150×100)、冷蔵庫×1(3ドア)、電子レンジ×1、掃除機×1、カラーボックス×6、中テーブル×1(150×80)、ダブルベット×1、照明×1、ダンボール×10くらい、大型スーツケース×1、洗濯機×1(縦タイプ)

 

私の単身引越しでは、あとで荷物の段ボールが増える可能性もあるのですが、基本的に上記の項目内容で行うことにしました。

 

その理由は、引越し業者の見積もりを取るときに内容を統一しておけばより簡単に見積もり比較ができると思ったからです。

 

引越しの最初の手順は、まずインターネットの一括無料引越業者見積もりを取る所からすべてを始めました。

 

数日後に引っ越し業者から複数の見積もりメールが届きました。

 

いくら料金がかかるのかちょっとドキドキの瞬間でした。

 

今回、引越しまでに多少の時間がありましたので引越業者ごとにしっかりと料金を検討できたのですが、時間がないときは見積もりの比較がうまくできませんので注意が必要かもしれません。

 

なぜならば、一見安く思える引越業者の見積もりでも、追加の荷物は有料になったり、別途手数料金を後で請求されたということも聞いたことがあるからです。

 

ある引越し業者では、ネット見積もり価格を他の業者より安く見せるために、別途必要な料金を下のほうに小さく書いたりする業者があるからです。

 

たとえば、、追加の荷物はすべて別料金の有料とか、引越し資材の段ボール、紙テープも別料金なんていう引越業者もありました。

 

せっかく安いと思って喜んで契約しても、想定外の別途料金がかかってはまったく意味がありません。
ですから、送られてきた引越し見積もりを上から下まで時間をかけて確認しておくことが大切となります。

 

また、僕の場合ですが、引越し前に業者が訪問して見積もりをとる訪問見積もりを試してみました。
これは担当営業が直接自宅まで訪問してきてその場で引越し見積もりを取ります。

 

確かに、この方法では正確な引越し見積もりをとることができるのですが、デメリットとしては複数の引越し業者との交渉がしにくくなりますので事前に計画を立てておこなうことが大切です。

 

実際の私の引越し業者では、引越し料金の値引き交渉、そして、追加になったときの荷物のすべてを無料にする交渉(2tトラックの積める限りで)、段ボール、紙テープ、布団袋、植木ボックスの交渉までも行いました。

 

訪問見積もりではこのようなデメリットとメリットがありますので、引越しまでに時間がないのでしたら良い選択とおもいますが、もし時間が多少でもあるようでしたら一括無料引越業者見積もりを使って複数の業者と交渉をするほうが安い引越し料金になると思いました。

 

引越しを経験した人の94%以上が成功と言う一括見積もりとは?